長距離トラックドライバーのメリット

さまざまな場所へ行け、地理に詳しくなる

地域での配送ドライバーでは、多くは決められたルートを毎日走ります。対して長距離ドライバーは、県をまたぎ荷物や貨物を運ぶ仕事です。さまざまな都道府県を訪れ休憩時間や宿泊する機会もあり、行く先々の地域に根付いた文化や食事を楽しむことができます。しかもトラックドライバーは基本的に一人で仕事をするため、人に気を使うことなく楽しむことが可能です。

また、長距離トラックドライバーはさまざまな都道府県を走ることから、地理にも詳しくなるメリットがあります。長距離トラックは基本的に車体が大きく、運送会社は安全に走行させるために走りやすい道幅で混みにくい道を走るよう指導することが多いです。そのため、道を研究する機会が多くなり、タクシードライバーや小型・中型トラックを運転するドライバーよりも地理に詳しくなれます。

仕事が無くなることがなく、運転技術が上がる

ドライバー業界は基本的に人手不足となっており、長距離トラックドライバーも人手が足りません。長距離トラックドライバーの需要が低くなることはなく、むしろ高まり続けるといわれています。長距離トラックを運転するためには多くは大型免許の取得が必要となりますが、運送会社によっては免許の取得に関する補助を出してくれます。運転免許は一度取得すると会社を移った際にも有効なので、仕事が無くなることはまずありません。

長距離トラックドライバーは、乗用車と比べて大きな車体が特徴です。日常的に大きな車体の車を運転することによって、運転技術が上がります。例えば、トラックは後輪を強く意識し巻き込みや内輪差による乗り上げ防止を徹底するなど、4輪車を運転するにあたっての基礎が多く詰め込まれています。