長距離トラックドライバーのデメリット

生活リズムが狂う場合がある

長距離ドライバーの場合、配送時間が決まっていないことが多いので今日のスケジュールでは朝の六時から仕事、明日のスケジュールでは夜中の二時から仕事になる場合があります。長距離ドライバーは真夜中でも高速道路で車を走らせていることが多いというイメージもあるのではないでしょうか。その場合は、夜ではなく昼に寝ることもあるので生活リズムが不規則になりがちになります。人間は基本的に朝に起きて夜に寝るように体ができているので昼夜逆転してしまったり、不規則な生活をしていると体に不調を感じることもあります。長距離ドライバーをしたいけれど生活リズムを崩したくない場合は、配送時間が定まっている仕事を探した方がいいかもしれません。

高齢者になると仕事が辛くなる

長距離ドライバーは一日の勤務時間が長くなることもあります。そのため、体力が求められます。また、長時間運転する中で事故を起こしてはいけないので運転中はかなりの集中力がいる精神的、肉体的にも大変な仕事です。まだ若いうちは問題がないのですが、人間は歳をとるにつれて体力が落ちていきます。そのため年齢を重ねてしまうと長距離運転が辛くなってくることもあるでしょう。人間は歳をとるにつれて注意力が落ちていく傾向もあるので、高齢者になったら現場に出るのではなく、若い人の育成に回るなど立場を変えることが求められます。長距離ドライバーで一生働いていくというのは物理的に難しいことを肝に銘じておいた方がいいかもしれません。