短距離トラックドライバーのメリット

大型免許を持っていなくても働ける

トラックドライバーの中でも短距離トラックドライバーはやる気さえあればすぐにでも始められるのが大きなメリットです。トラックドライバーは大型免許を持っていないと駄目というイメージがありますが、短距離トラックドライバーで使用するのは中型や小型のトラックです。一度に多くの荷物を運ぶ必要がある長距離とは違い、短距離は何度も荷物の積み下ろしをするので大型トラックを使うことはあまりありません。小型トラックであれば普通免許でも運転することが出来るため、他のトラックドライバーと違ってかなり敷居が低くなっているのです。トラックドライバーの仕事に慣れていない間は短距離トラックドライバーとして働き、慣れてきたら中型や大型の免許を取得するという働き方も出来ます。

毎日規則的な生活が出来る

長距離トラックドライバーと比べた際、短距離トラックドライバーの大きなメリットの一つが毎日規則的な生活をすることが出来るということです。長距離トラックドライバーは名前の通り長距離を移動することになるため、家に帰れない日があることも珍しくありません。特に繁忙期ともなると家に帰れる日の方が少なくなるほどです。一方で短距離トラックドライバーは?日の仕事がルーチンワークであることが多く、拘束時間もそれほど長くはありません。繁忙期になると深夜まで仕事がある場合もありますが、普段は定時で帰れることも珍しくありません。そのため、家族と会う時間を大事にしたいという人や、プライベートに使える時間を確保したいという人に向いています。