短距離トラックドライバーのデメリット

長距離のドライバーと比べて高収入を望めない職場が多い

短距離トラックドライバーは、自分の希望するエリアの周辺で働けるという魅力がありますが、長距離のドライバーと比べて高収入を望めない職場が多く見られます。また、契約社員や派遣社員として勤務をする場合には、正社員のようなボーナスの支給や福利厚生の対象とならないこともあり、待遇面で不安を感じる人も少なくありません。そこで、給料にこだわって短距離トラックドライバーとして働きたい人は、夜間の業務があるところや、長期勤続者を対象とした特別手当の制度があるところを勤務先に選ぶのがおすすめです。また、新卒で運送会社に就職をするにあたっては、数ある会社の中でも正社員のドライバーの勤続年数が長いところを優先的に探すことがポイントです。

転職時に業務経験があまり評価されないことがある

短距離トラックドライバーは、日々の業務の中で同じ地域を担当することが多いため、仕事内容が単調になりやすくスキルアップを図りにくいといった問題があります。そのため、同じ業界に転職をする際にも過去の業務経験があまり評価されないこともあり、転職後に大幅な収入アップを期待することが難しくなっています。そうした問題を解決するには、短距離から長距離まで様々なドライバーが活躍している運送会社を転職先に選んだり、転職に備えて大型免許を取得したりするのがおすすめです。その他、業界内に信頼できる友人や先輩がいる人は、転職サイトや人材紹介会社を利用するのではなく、好条件で働ける職場を直接紹介してもらうのも良いでしょう。